購入時期や季節、タイミングで価格は異なる

- 購入時期や季節、タイミングで価格は異なる

購入時期や季節、タイミングで価格は異なる

2017年11月19日 5:57 PM

近年安くなってきたといわれる航空運賃ですが、国内の利用においてはまだまだ「お高い」イメージを持っている人も少なくないのではないでしょうか。
そして、なるべく格安に利用したいと考えている人もたくさんいるかと思います。
では、安く飛行機に乗るにはどんな方法があるのでしょうか。

季節や時期はいつがおすすめ?

国内で安価に飛行機に乗りたいと考えた場合、ほとんどの人は複数の航空会社の運賃を比較してその中から最も格安な航空券を探そうとするでしょう。
ところがその価格は航空会社のみで決定するのではなく、予約の季節や時期、そしてタイミングにも左右されます。
季節や時期に関していえば、高い価格になるのはゴールデンウイークやお盆休暇、年末年始の時期に加えて、近年は卒業旅行シーズンの3月が挙げられます。
週末や祝日前なども平日より高めの設定になっていることもあります。
逆に安いのは、年末年始の利用の終わった1~2月、梅雨で雨の多い6月、夏季休暇を年末年始の狭間の10月、11月といった時期です。
つまり利用する人の多い時期や季節は高く、少なければ安くなるということなので、旅行の予定を立てる場合にはそういった点を考慮すると安く飛行機が利用できるでしょう。
またホテルなどの宿泊施設の料金も飛行機の運賃と同じような動きを見せるので、飛行機代と宿泊代の両方を併せて考えればさらに効率よく手配ができるはずです。

早期割引でお得に

航空券の購入に関するタイミングは、搭乗日に対して早めのほうが安く手に入ります。
多くの航空会社では、早期購入割引、いわゆる「早割」のサービスを提供しています。
ANAでは「旅割」、JALでは「先得」などと航空会社によって名称が異なりますが、早い時期に予約・購入することで通常運賃よりも大幅な割引価格で購入できるというものです。
通常28日前の購入から早割が適用されるのですが、最近では2カ月前からサービスを提供しており、ほとんどが通常運賃の3~5割引きの値段で購入することができます。
路線や時期によっては、7~8割もの激安な金額で航空券を手に入れられるケースもあります。

早割は注意が必要

ただし、早割を利用する際には注意しなければならない点があります。
それは、早割チケットは原則予約の変更ができないという点です。
便の変更をする場合には一旦キャンセルをして、新たに別の便を取り直さなければならないうえに、キャンセル料が非常に割高で運賃の半額ほどを請求されることもあります。
つまり、格安な価格で飛行機が利用できる代わりに高額なキャンセル料を支払うというリスクもあるというわけです。
この点を認識して早めに予定が立ちその変更がないのであれば、早割は非常にお得に飛行機の利用ができる手段ではあるでしょう。

Tags: | Categories :日記

Copyright(C)2017 格安航空券を含め安く飛行機に乗る方法を教えます! All Rights Reserved.