格安に飛行機に乗る方法

2017年11月2日 5:52 PM

日本国内を移動する手段としてクルマや列車、バス、船といったものに加えて、飛行機を利用する人も少なくありません。
けれども飛行機は値段が高いというイメージがあり、利用を控えている人もいるようです。
そんな人のために、ここでは国内を移動するにあたり格安で飛行機に乗る方法を紹介しましょう。

早割で安く乗る

国内で安く飛行機に乗る方法にはいくつかあります。
そのひとつが、航空チケットを「とにかく早く買う」というものです。
これは、搭乗日を起点としてその日からなるべく早めに予約・購入することで正規運賃よりも大幅に割引を受けられるというものです。
いわゆる「早割」というシステムなのですが、航空会社によって呼び名が異なり、ANAでは「旅割」、JALでは「先得」といった名称が使われています。

早割で格安に航空券を手に入れるための基本は「28日前まで」に購入することです。
それ以外にも7日前まで、1日前までといった設定がありますが、28日前までのほうが万単位で安く手に入れることもでき、それを過ぎると料金は大幅にアップしてしまいます。
それでも当日に購入するよりも安いのですが、格安に手に入れたいといいうのであれば28日前までに購入することをおすすめします。
近年は「55日前」や「45日前」の設定の早割チケットも提供していますが、28日前のものと比較して料金はさほど安くはありません。
55日前や45日前までにしっかり予定が決まっていれば問題ないのですが、早割チケットは一旦予約・購入してしまったなら変更はできずキャンセルしなければなりません。
その際には割高なキャンセル料が発生するので、予定変更の可能性のある人なら28日前までチケットのほうが使い勝手はいいでしょう。
ただ、繁忙期などの場合は早くから予約が殺到して28日前までに航空券が売り切れる可能性が高いので、空席状況を確認しながら予約手配を考えることも必要です。
ANAと同じくJAL予約も早めに行うことで安く利用できます。

LCCで安く乗る

次に、LCCと呼ばれる「格安航空会社」を利用する方法が挙げられます。
これは低価格で航空券を提供している航空会社のことで、ANAやJALなどの大手キャリアと比較して、もともとの正規運賃が安く設定されています。
徹底的に効率的な運営を行なうことで、思い切った低価格が提供できる仕組みになっています。
たとえば、路線を絞り込んだり、使用する機種を統一したり、メイン空港ではなく2次的空港やLCC専用の使用料の安いターミナルを利用したり、また機内食などの機内サービスを廃止もしくは有料化したりなど甘ざまな方法でコストの削減を図っています。
LCCを利用すれば、ほとんどのケースにおいて前述した早割価格よりも安価で飛行機に乗ることが可能です。

パッケージプランで安く乗る

また、航空各社が提供する「パッケージプラン」を利用するという方法もあります。
これは、航空チケットと宿泊をあわせて予約することでそれらを別々に手配するよりもいずれもお得な価格で利用できるようになるというものです。
飛行機を利用した場合はほとんどが宿も必要になりますから、特定の宿に泊まりたいという希望がないのであればパッケージプランはおすすめです。

ツアーで安く乗る

その他にも、旅行会社が実施している「ツアー」を利用するのもいいでしょう。
ツアーというと団体旅行をイメージする人も少なくないかもしれませんが、最近は交通機関と宿泊施設だけが決まっていてそれ以外は自由というプランがたくさんあります。
前述したパッケージプランとよく似ていますが、こちらのほうが飛行機便や宿の選択肢がたくさんあるケースが多いようです。
そういったオプションを利用することでツアー金額は変動しますが、いずれにせよ飛行機と宿を別々に予約するよりも安く利用できるのは間違いないでしょう。

このように、手配の仕方次第で安く飛行機に乗ることも可能なので、これまで費用の問題で飛行機での旅行を敬遠してきた人は一度再考してみてはいかがでしょうか。

Tags: | Categories :

新着情報

◆2017/11/13
格安に飛行機に乗る方法の情報を更新しました。
◆2017/11/02
購入時期や季節、タイミングで価格は異なるの情報を更新しました。
◆2017/11/02
そもそも格安航空券って何?の情報を更新しました。
◆2017/11/02
安い理由はコストカットを新規投稿しました。
◆2017/11/02
ダイナミックパッケージで自由でお得な旅行をを新規投稿しました。
Copyright(C)2017 格安航空券を含め安く飛行機に乗る方法を教えます! All Rights Reserved.